読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの こと つくり

西湘ゆるゆる薬膳&ものづくり、ことづくり☆

やっぱり、からだはからだが治すのだ。

わたくしごと からだの話

不覚にも室内で転倒し、足首の靭帯を負傷してからはや2週間。

幸い軽傷だったようで、サポーターで固めているものの、かなり良くなってきました。

サポーターも、自分で布を巻くものなので、いろいろ調整もできる。

 

この2週間、なんというか、とてもとても学びがありました。

 

ありがとう、バリアフリー

ひとつは、バリアフリーというもののありがたさといざというときの怖さ。

足首に痛みがあり、足が直角になるようにしていたので、最初は階段が使えませんでした。

家の階段も1段ずつ。

坂道も、段差も、足の不自由な人の大変さを、ほんの少しだけ理解できた気持ち。

エスカレーターとエレベーターのおかげで通勤もでき、イベントも開催できました。

ビバ!バリアフリー!!

でも。

エスカレーター&エレベーターって、電気なんですよね。

予備電源とかあるもかもだけど、それすらストップするような事態が起きたら・・・と思ってしまいました。

 

からだが治してる。

そして、からだの変化。

動かせないので、当然血行&水分代謝が悪くなり、むくんで冷えるんですね。

生まれて初めて「ゾウ足」というものを体験しました。

栄養とか治癒に必要なものが届きにくい気がしたし、固めていることで、使えない筋肉がさらに固まってくる。

 

とにかくどうにかしなきゃな~と思い、幸いお風呂に浸かることができたので、毎日患部を避けてお風呂で温まりながらマッサージ。

利尿効果のある飲み物も、積極的にとってみました。

あとは、動けるようになってきたら、患部にさわらない範囲でストレッチ。

 

でも、固まっている筋肉動かすのって、痛いんですね。

私はほんの少し固まってただけなのですが、骨折ったり、いろいろな事情でリハビリする人の大変さをほんのすこ~しだけ想像できるかも、と思いました。

そして、動かしていくと少しずつだけどちゃんと動くようになっていく。

 

今回、軽傷だったがゆえに、負傷~治癒~リハビリを、とてもミニマムに体験している感じで、しみじみ感じたのは、やっぱりからだが治しているんだよなあということでした。

湿布とか痛み止めとかももらったけど、治癒はからだが自ら行っているわけで。

マッサージしたり、ストレッチしたり、温めたり、私もからだをつかってそれをサポートして。

それに、ちゃんとからだは応えてくれる。

 

自分で自分のからだをもっと細かくケアしたいな、としみじみ思いました。

だって、それができるポテンシャルを、からだは持っているから。

 

ま、まだ完治していないので、ほどほどにいきます♡

みなさまも、転倒には気を付けてくださいね(笑)