読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの こと つくり

西湘ゆるゆる薬膳&ものづくり、ことづくり☆

はじまりのはじまり☆

ことづくり わたくしごと 地元ネタ

f:id:mono-koto-tukuri:20170131123812j:plain

 

f:id:mono-koto-tukuri:20170131123816j:plain

 

以前こちらでも告知させていただきました、「湘南茅ケ崎の古民家deほっこり ぽかぽか薬膳講座&お座敷ヨガ」を1月29日、無事開催いたしました☆

参加者のみなさまをはじめ、ご協力いただいたみなさまには本当に感謝しています。

ありがとうございました♡

 

tabisuruyakuzen.hatenablog.com

私にとってこのイベントは、今までと大きく違い、すべてをパートナーのゆきさんと二人で企画・開催・講師をしたはじめてのイベントとなりました。

今までも、企画や講師はしてきましたが、本当の意味で主催したことはありませんでした。

ですので、今回は私にとって「はじまり」のイベントとなりました。

 

やってみて、いたらないことも多々ありましたが、参加者の方が「楽しかった」「いやされた」「元気になった」「また来たい」と言ってくださったことが、本当にうれしかった。

私のほうこそ、楽しかったしいやされたしまたやりたい!!と思いました。

からだ的には、直前に足首靭帯を負傷(!)し、当日は燃え尽きましたが(笑)

 

そして。

ここからはとても個人的な話になりますが、今回「RIVENDEL」さんではじめることが、私にとってはとても大きな意味を持っていました。

 

もともとそういうつもりはなく、素敵な場所♡ということでゆきさんと相談して決めた場所でした。

決めた後に、なにげなく読んだネットの記事で、RIVENDELのオーナーさんが私の古い知人の旦那さんがかつて参加していたレストランの運営をされていたことがわかりました。

その知人は、数年前に亡くなったのですが、20代前半のときに仕事を通じて出会った私より15歳年上のイギリスで学んだアロマセラピストで、からだやオーガニックなものや世界について深い見地をもちつつ、それでいて関西出身らしいおもろさを持った明るい女性でした。

 

その人は、まだ社会に出て間もない、何者でもないのに頭でっかちで悩んでばかりの私に「いまは頭がいろんなものでがちがちになってがんじがらめになっている。でもそれが解ければすっごくおもしろい!!」と言ってくれました。

今の私に導いてきてくれた、大きな一言のひとつでした。

私にとって、ある意味「はじまりのはじまり」のひとつ。

 

下見の日、オーナーさんに彼女のことをしっていますか?とお尋ねしたら、「懐かしい!!」とおっしゃっていました。

私も、もう何年かぶりに彼女の話をし、なんだか泣きそうになりつつも、わらけてきました。

縁ってあるんだな~、しかもこんなところでつながるなんてなあ~と。

人生って、なかなかどうして面白すぎる(笑)

 

緊張もしたし、反省もあります。

でもこの場所で、ゆきさん&参加者のみなさまとはじめることができたことを心からうれしく思っているし、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

さて。

かつて彼女が言ったように、今の私はすこしでもがんじがらめから解放されて面白くなっているのかな(笑)

日々精進したいと思います♡

 

長文およみいただき、ありがとうございます◎

ここまで読んでくれたあなたに、すてきなことがありますように♪