読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もの こと つくり

西湘ゆるゆる薬膳&ものづくり、ことづくり☆

本屋さんで漢方茶を学ぶ☆

湘南T-site蔦屋書店で9/19に行われた、オリジナル漢方茶を作るワークショップを受講してきました☆

講師は、かまくら晴々堂の監修をされている杉本薬局の杉本格朗さん。

<お知らせ>湘南 蔦屋書店「和漢フェア」ワークショップ開催のお知らせ | かまくら 晴々堂

前から気になっていたのです、かまくら晴々堂さん◎

 

f:id:mono-koto-tukuri:20160921114729j:plain

 

当日は、書店の中のスペースで。8人ほどで大きなテーブルを囲みました。

簡単な説明の後、それぞれ自分の体調をチェック。症状にあった生薬を選び、先生のアドバイスをマンツーマンで受けながら配合をしていきました。

できたお茶は、お持ち帰り◎

2種類つくることができ、ベースのお茶が3種類あったので、私はベースを変えて、2種類作ってみました。

 

それぞれの症状にあった生薬は、もちろんほかの症状の生薬ともかぶる場合もあるのですが、今回私は朝鮮ニンジンと大棗(ナツメ)がほぼすべての症状で重なりました。

おそらく、原因というかおおもとが一緒なのだろうな。。。。と思いました。

面白いですねえ☆

 

実はやや眠りが浅く、寝つきが悪い最近のわたくし。

ベースのお茶も、1つはカフェインフリーで安眠によいルイボスティーを選択。

大棗の甘みもあって、出来上がったお茶は以外にも甘くておいしかったです♡

もう一つは、リラックスアロマのジャスミンティー。

こちらは朝鮮ニンジンと大棗はそのままに、ほかの生薬を変えました。苦みはあるものの、さわやかな出来上がり。

 

いずれも、漢方茶という感じもせず、美味でした~♡

漢方も、薬膳と同じでやはり必要なものを美味しく感じるそうです。

なので、杉本薬局さんでは、調合してその場でお客様に一度飲んでいただき、どうしても飲めないほどまずいと感じる場合は、どんなに理論的に完璧でも調合しなおすそうです。

素敵ですね♡

 

f:id:mono-koto-tukuri:20160921114012j:plain

自宅で入れたお茶。

ジャスミンティーをつかった漢方茶です◎

お茶請けは、クルミと干しブドウにしてみました。

お茶の苦みととても合って、こちらも美味でした☆

 

生薬をそろえるのは難しいですが、できる範囲で日々に取り入れていきたいし、そういうワークショップ(薬膳茶づくり?)を自分でもやっていきたいな~と思いました♡